ホーム > 支部活動報告
 
 

 

中国支部 年間予定

総合
 
中国支部
 
総務・広報委員会
 
事業・教育委員会
 
建築相談委員会
 
再生・環境対応委員会
 
岡山地域会
 
広島地域会
 
山口地域会
 
島根地域会
 
鳥取地域会
 
交流部会
 
建築家資格制度・CPD
 
設計環境改善委員会

   
   
   

  
中国支部


2011年活動計画
本年度は、JIAにとっての重要な事業のUIA東京大会の開催年度であります。
また、公益法人化に向けて、組織の見直し、規約の改正等々の活動が本格化されます。

中国支部においても本部の公益法人化に向けての動きに連動して、組織の再点検を行う
必要があります。それと同時に地域会の位置づけをはっきりさせる必要もあります。

さらに、「まちづくり」等々、建築家の業務範囲のウイングの広がりを実感している現在、
それらにも対応していきたいと考えています。そんな中、建築家として東日本大震災を
どのように捉え、どのような活動が出来るか、この問題は、2011年度にとらわれず息の
長い活動が求められています。

新会長の「職能の確立への取組み」、「コミニティーアーキテクトへの思い」を受けて支部
として、下記の事項を本年度の重点事業計画を考えています。

『支部の基本方針』としては
1.地域における良き建築家像の追求
2.支部、地域会間の緊密な連携
3.市民活動との連携
4.支部の組織・財政基盤等の確立。
5.業務環境の改善
6.東日本大震災への対応

上記の方針をもとに『活動・事業』として
1. 広島・福山における「JIA中国支部建築家大会2011」の実施
2. 第3回JIA中国建築大賞2011の実施
3. UIA東京大会の広島イベント・実行委員会への活動参加
4. 市民に開かれた広報活動
5. 地域会活動に対するサポート・支援
6. 東北地方への具体的支援活動

支部の抱える問題に対しての『取組み』として 
7. 支部・地域会の活動の継続性確保への取組み
(組織、規約、財政の仕組み再構築)
8. UIA東京大会に対する支援への取組み
9. 委員会活動の活性化への取組み
10. 交流部会の活性化の取組み 



  
総務・広報委員会


2009年度委員会報告
<総務・広報報告>  
矢田総務系担当副支部長
堤総務・広報委員長

1)2009年度会員動向(2010年3月末現在本部登録による)
 正会員総数 151名
   (岡山 49名 / 広島 52名 / 山口 18名 / 島根 21名 / 鳥取 11名)
2)『アニュアルレポート中国2008』作成
3)『アニュアルレポート中国2009』作成
4)支部ホームページの維持管理及び更新(会員名簿の更新等)



  
事業・教育委員会


2009年度委員会報告
<事業報告>                              山田事業系担当副支部長
宇川事業・教育委員長

1)総会記念事業 記念講演会 1.5単位
   日時:2009年 4月28日(火)  場所:ホテルセンチュリー21広島    
2)2009年 第1回「JIA中国建築大賞2009」 
応募期限  2009年6月1日(月)〜7月5日(日)
一般建築部門―14作品応募  1次審査通過 2作品
住宅部門―14作品応募    1次審査通過 6作品
現地審査 山陰 9月24日(木) 山陽 10月20日(火)21日(水)
入賞発表  11月28日(土)場所:海峡メッセ下関(山口県国際総合センター)
一般建築部門―大賞1作品、優秀賞1作品
住宅部門―大賞2作品、優秀賞4作品
表彰式  2010年4月27日(火)場所:ホテルセンチュリー21広島
3)「JIA中国支部建築家大会IN下関2009」 10単位
日時:2009年11月27日(金)〜28日(土) 場所:海峡メッセ下関(山口県国際総合センター)
 ・基調講演 講師:出江 寛氏  「伝統と現代建築」―沈黙の美学―
   ・環境再生フォーラム「近代建築とまちづくり」 11月27日(金)15:00
   ・デザインフォーラム     11月28日(土) 9:00
     コメンテーター:出江 寛/村重保則/倉森 治
     プレゼンター:石丸和広(広島)
   ・中国建築大賞2009入賞発表  11月28日(土) 10:00
     審査講評:審査委員長 内藤 廣
     プレゼンター・大賞受賞者:江副 敏史(大阪) 神家 昭雄(岡山)



  
建築相談委員会


2009年度委員会報告
<建築相談委員会>            佐々木委員長

*支部活動報告
2009年度相談受付件数:9件(広島9件、他県0件)
内訳:定期面接(例外―電話助言1件)、市民フードフェスタ・住宅相談コーナーへの参加)

*活動方針
建築相談委員会の本部再設定が、3月19日の本部理事会で決議されたので、関係規約を検討中である。



  
再生・環境対応委員会


2009年度委員会報告
<再生・環境対応委員会>                              佐藤委員長

*本部より各支部あてに要請のありました環境建築事例収集について
中国支部各県の再生・環境委員の皆様より県毎に住宅1件、建築1件を目処に事例収集をお願いしているところであります。4月21日、5県のデータをまとめて、支部より本部に送る予定にしております。



  
岡山地域会


2011年活動計画
○全員集会   8回/年(予定)
・岡山文化セミナーと交流会(開催日/月後半の金曜日)
         (岡山県内で活躍中の芸術家・作家等との交流会/よみがえる岡山城勉強会)
        ・OKC共催事業
○その他事業  ・見学会/バスツアー
・他団体意見交換会
○役員会    年6回(予定) 全員集会と同日開催有
○事業内容
2011年
4月
岡山地域総会、懇親会
「暮らしと木のフェア」住宅展と住まい相談会
中国支部総会(広島)
5月
役員会・全員集会(文化セミナー)
6月
全員集会(岡山弁護士会意見交換会)
7月
バスツアー/見学会
8月
役員会・全員集会(文化セミナー)
9月
UIA2011東京大会
10月
役員会・全員集会(OKC共催)
11月
ワンデーエクササイズ(OKC共催)
公共建築月間イベント
中国支部建築家大会IN福山
12月
役員会・全員集会(文化セミナー)忘年会
2012年
1月
建築関係5団体新年互礼会
中国支部新年会/セミナー(岡山・全員集会)
2月
全員集会(OKC共催)
3月
役員・全員集会(文化セミナー)



  
広島地域会


2011年活動計画-1
JIA 日本建築家協会は設立以来、先達建築家が掲げた理念やその実践に注がれた情熱を継承し今日の変化し続ける社会状況に即した数々の実績を築き建築家像の構築に取り組んでいます。
3月11日の東日本大震災で尊い命を亡くした犠牲者の冥福を祈り、被災者にお見舞いを申し上げます。  地域会としても、これからの復興にあらゆる機会を通じて支援の活動に努めて参ります。
この秋、念願のUIA2011TOKYO大会です、キーワードは「DESIGN2050」です、明日の都市と建築のあり方を考えようの思想から生まれた「地球・環境」「情報・文化」「生命・生活」のサブテーマを設けています。
これを受けて広島は「記念・広島イベント」を建築関係団体の広島県建築士会、広島県建築士事務所協会、日本建築学会中国支部、日本建築構造技術者協会中国支部、日本建築協会中国支部、日本建築家協会中国支部と広島地域会は合同の実行委員会を組織し広島県、広島市などの行政機関等の協力を得て実行します。
都市広島は「未完の平和記念都市」と言う「平和都市法」は生きています都市づくりは現在進行形です。
市民や訪れる人たちが「理想の象徴」と感じられる都市を描いていくことは私たちの最善の課題です。以上の観点を、今年度の方針・活動計画に掲げますのでどうかよろしくご支援とご協力お願い致します。



  
山口地域会


2011年活動計画
1.地域会通常総会  4月6日

2.役員会      6回程度(4月、6月、7月、9月、12月、3月)

3.全体会      1回程度

4.環境再生フォーラム事業 (1月)

5.支部役員会出席及び支部活動参加

6.支部大会参加

7.全国大会参加

    8.第3回中国建築大賞2011 担当


活動方針

1. 新入会員の拡大

2. 会員の職能研修

3. 会員相互の交流

4. 交流部会との連携

5. JIAの啓蒙活動




  
島根地域会


2011年活動計画
1、 研究会を年3回程度行う。

2、 UIA大会に7名参加する。

3、 今年度も予定されている「CITY SWITCH 2011IZUMO」を出雲建築フォーラムと共に支援する。



  
鳥取地域会


2011年活動計画
1. 通常総会   1 回

2. 例  会   数 回

3. 講演会   数 回


事業活動計画

1. 『学との交流会』 9月開催予定
    学は、大学、高専、工業高校、の教授、教諭と、建築学会の会員を意味する。

2. 新入会員の入会促進。

3. 若年世代(建築科学生等)への啓蒙。

4. 以上を企画・実施するため、数回の例会を開催。

※ その結果、必要な事業費は鳥取会内で徴収する。



  
交流部会


2011年活動計画-1
1.活動方針 「幹事会4名の相互協力による」
   ア. 地域会活動への積極協力
   イ. 支部主催事業への協力
   ウ. 交流部会会員相互の情報交換の促進
   エ. 建築関連団体賛助会との連携
   オ. 会員各社に魅力あるJIAへの提言・活動の促進

2.2011年度交流部会担当
   交流&企画
     支部担当(幹事会)
       担当内容
         支部主催事業のスタッフ協力
         (支部大会・講演会・セミナー他)
         会員増強活動
       担当者
         ◎山下忠明 (部会長)
          松永高雄 (大光電機)
          高月啓輔 (トステム)
          豊田憲洋 (小松ウォール)
     地域会担当
       担当内容
         地域会が主体で活動するイベント、セミナー・交流会等のスタッフ協力
       担当者
         広島 ◎高月啓輔(トステム)
         岡山 ◎松永高雄 (大光電機)
         山口 ◎貞森意仙(コクヨ中国)
         島根
         鳥取
     部会担当
       担当内容
         交流部会内での交流会・情報交換会などの開催
       担当者
         ◎山下忠明(日立ビルシステム)
   情報&広報
       担当内容
         会員企業のPR活動の企画・推進
         交流部会の広報活動
         支部広報活動への協力
       担当者
         ◎山下忠明(部会長)
          女性部会:金田貴子(大光電機)、
 ※ 上記の担当者はスタッフとしての担当で、行事等への協力は交流部会会員全員で携わる。
 ※ ◎印は各担当のチーフ
 ※ 幹事会(4名)は地域会の運営をサポートする



  
建築家資格制度・CPD


2009年度委員会報告
<建築家資格制度委員会>          黒川委員長
*登録建築家中国支部実務委員会
2009年 2月 6日(金)   新規12、更新 6名
2009年 3月11日(水)   新規4名

*登録建築家中国支部認定評議会
2009年 3月11日(水)   新規16名、更新6名 認定

*中国支部認定者数16名(岡山7名 広島7名 山口0名 島根2名 鳥取0名)


中国支部 氏 名 所 属
認定評議会 議長 奥田 實 蟇田建築事務所代表取締役
評議員 柳 勝巳 蠅笋覆建築設計事務所代表取締役
評議員 青山 裕 青山裕法律事務所所長 弁護士
評議員 眈称管 広島工業大学建築構造力学、建築耐震工学 教授
評議員 鈴木榮子 広島大学総合科学研究科非常勤講師 華道家
実務委員会 委員長 黒川隆久 蟾川建築設計事務所
委員 上定正張 襪Δ┐気牲築設計事務所
委員 永見 龍一 永見龍一建築計画事務所
委員 安部 喜隆 襯▲襯浩澤弭房
委員 田中 博美 蠻鯏得澤彁務所
実務訓練担当者 黒川隆久 蟾川建築設計事務所



  
設計環境改善委員会


2009年度委員会報告
<設計業務環境改善委員会>                             田中委員長

*委員会活動方針
  第1期(2008/06/01〜2008/10/31) 設計契約書添付義務付け
  第2期(2008/11/01〜2009/03/31) 設計・監理報酬の適正化
  第3期(2009/04/01〜2009/09/30) 統括専門資格の法制化
  第4期(2009/10/01〜2010/03/31) 確認業務の簡素化

*支部活動報告
下記3件の設計業務環境に係る実態調査を実施して本部委員会に提出
1.「中国地方各自治体の設計業務環境の実態調査」
 〃築関係建設コンサルタント業務の入札における制限価格等を設定している自治体の有無
・低入札価格調査制度の適用:5県 7市
・最低制限価格制度の適用:2県 5市
・高落札率入札調査制度の適用:3市
◆ヽ稜Э柔舛棒澤弖戚鷭颪亮未靴療塞佞鮃圓辰討い觴治体の有無
・全自治体:無し
 告示15号の自治体への適用要望状況
・全県三団体連名で提出:
2. 「中国地方各自治体のプロポーザルの実態調査」
・応募形態:指名型 8割、公募型 2割
・参加資格要件:発注自治体の指名競争入札参加資格者 4割、県内業者 3割
・その他意見:審査員不明 3割、審査員に専門家不在 1割、委託見積書の提出 5割
  3.「中国地方各自治体入札のダンピングの実例調査」
     ・予定価格の35%〜50%での低入札事例3件の報告有り

本部委員会で協議を重ねているが、具体的活動指針が多岐に渡って論議がなされており、当初の活動方針の実現には至っていない。本部活動と連携した支部活動の内容や方法が今後の課題です。



   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム > 支部活動報告